• このエントリーをはてなブックマークに追加

電子カルテの現在のシェアについてのポイントを解説

電子カルテのシェアについて

病院では急速にIT化が進められています。さまざまな業務にコンピューターシステムが関わるようになっており、その一つとして電子カルテがあります。紙のカルテが当たり前だった時代はもう終わり、今ではどんどん電子カルテが導入されるようになっています。電子カルテには特有のメリットがあるため、紙に取って代わられる存在となっているのです。たとえば日本では400床以上の病院の大半で採用されるようになっているのです。まだまだ100%に近い数字にはなっていないのですが、これからますます導入が促進されるようになるでしょう。 紙のカルテにはいろいろと欠点がありました。たとえば情報共有するためにはこれまで紙のカルテをやり取りしなければいけませんでした。それが電子化されたことによって、今ではネットワークに通じている誰もが瞬時に必要なデータを読み出せるようになっているのです。これによって業務効率はとても向上しています。紙を保管しておくスペースも必要なくなるのです。 もちろん、電子カルテにも問題点は存在しているのですが、メーカーはさまざまな努力をすることによってデメリットを克服しています。今後はもっと便利なシステムが出回るようになるでしょう。そんな電子カルテのシェア率ですが、上位5社が8割を占めているような状態となっています。多くのメーカーが参入していますが、その中でも力を持っているメーカーというのは限られているのです。もちろんシェアが小さかったとしても、専門分野に特化しているため、確かな需要を満たしているというケースもあります。これからもいろいろなメーカーが参入する可能性があるでしょう。その結果として、幅広い選択肢が生じてきます。

シェアが変動する可能性

電子カルテのシェアについてはこれから変動する可能性があります。たとえばこれまでは主に大病院を中心としてシステムが導入されてきました。そのため、それらの層をターゲットにしてきたメーカーが大きなシェアを占めることができたのです。しかし、今後は中小規模の病院やクリニックにおいてもどんどん導入が進められるようになるでしょう。こうなると、それらの医療機関に適したシステムの需要が上がっていきます。実際に中小規模の病院向けのシステムを主力として開発しているメーカーは存在します。これからはそのようなメーカーが大きく躍進する可能性があるでしょう。 シェアというのはその時のニーズによって大きく変わっていくものです。ずっとシェアが変わらないというケースもありますが、まだまだ電子カルテの分野というのは発展途上です。未だに電子化に難色を示していて、紙のカルテを使っているような医療機関も存在しています。今後はそのような医療機関に強く訴えかけることができるようなシステムを開発できるメーカーが注目されるようになるでしょう。そのようなメーカーがどんどん売上を伸ばしていく可能性が高いのです。 それぞれのメーカーはより売上を伸ばすためにさまざまな努力をしています。これまでにない機能を追加したり、操作性を高めたり、コストパフォーマンスを向上させたりしているのです。そうすることによって、他のメーカーに対抗しようとしています。このような競争が活発に行われるようになっているため、今後は細かいニーズにもしっかりと対応したシステムが登場するでしょう。

メーカーの選び方

現在、電子カルテのシステムにはさまざまな機能が存在しています。シェアで上位を占めるようなメーカーのシステムにはどんな機能が備わっているのか、紹介します。 たとえば入力方法を工夫しているシステムがあります。パソコンが苦手な方でも簡単に入力できるようになっているのが特徴です。手書き入力やペン操作によって入力することができるのです。これによって、紙カルテと同じような使用感でどんどん記録していくことができます。医療機関のスタッフの中には年配の方もたくさんいます。そのような方にも配慮した機能といえるでしょう。 テンプレートを用意してくれるという機能もあります。これは、あらかじめ登録されていたり、自分で登録をしたりすることができるものです。いろいろな文書のテンプレートを作成しておけば、実際に文書を作成する際の手間を省くことができます。病院内でやり取りされる書類というのは、テンプレート化できるものが多いのです。これによって業務の負担を軽減できるでしょう。 他にもタイムライン機能のあるソフトなどもあります。これは診療記録を時間軸によって一覧表示することができるというものです。いろいろな設定をすることによって、それぞれの患者の臨床経過を時間経過とともに把握することができます。治療方針を決める上でとても役に立つでしょう。 そして、データセンターに対して電子カルテのデータをバックアップできるような機能もあります。これならばサーバーを設置する必要がなくなるため便利です。他にもそれぞれのメーカーがいろいろな機能を持ったシステムを発表しています。

ピックアップ記事

電子カルテのメーカーを選ぶ際のポイントについて

電子カルテシステムを提供するメーカー電子カルテは現在どんどん医療機関で導入が進んでいます。これを導入することによって得られるメリットが大きいことが理由です。かつては紙のカルテが主流でしたが、電子カルテ...

電子カルテのシステムとはどのようなものなのか

電子カルテのシステムの仕組み電子カルテはどんどん導入が進められています。それでは一体どのようなシステムとなっているのでしょうか。現在、病院にはどんどんコンピューターシステムが導入されています。医事会計...

電子カルテの日本での普及率はどの程度なのか

電子カルテの普及率電子カルテの普及率はどのくらいあるのでしょうか。すでにかなり普及しているイメージを持っている人がいるかもしれませんが、日本国内における普及率は3割程度となっています。そのため、まだま...

電子カルテシステムの導入の際に比較するポイント

クラウド型と院内サーバー型電子カルテにはクラウド型と院内サーバー型という2つのタイプがあります。これらを比較してみましょう。まずクラウド型のメリットというのは災害に強い点です。サーバーが外部にあるため...

電子カルテの現在のシェアについてのポイントを解説

電子カルテのシェアについて病院では急速にIT化が進められています。さまざまな業務にコンピューターシステムが関わるようになっており、その一つとして電子カルテがあります。紙のカルテが当たり前だった時代はも...

電子カルテの普及率と今後の動向について

電子カルテの普及率が上がることで患者側には大きなメリットがあります。例えば、紙ベースの場合には消失が考えられますが、ここではそのリスクは非常に少なく、継続したスムーズな治療を受けることが可能になります...

コスト削減効果を持つ電子カルテのメリットについて

病院は多くの患者さんが訪れるため、患者さん一人一人のカルテを作成しています。カルテには病院に訪れた時の日付や病歴などが記載してあり、外来受付を行うと必ず担当医師にカルテが回るような仕組みになっています...