• このエントリーをはてなブックマークに追加

電子カルテシステムの導入の際に比較するポイント

クラウド型と院内サーバー型

電子カルテにはクラウド型と院内サーバー型という2つのタイプがあります。これらを比較してみましょう。 まずクラウド型のメリットというのは災害に強い点です。サーバーが外部にあるため、たとえ病院が災害に巻き込まれてたとしても、データが消失する心配はありません。インターネットに接続することさえできるのであれば、いつでも電子カルテを使うことができるのです。たとえ病院が停電したとしても、カルテを使うことはできます。そのため診療がストップしてしまうことはないのです。自宅や患者の家、外出先であっても利用することができます。メーカーの方で最新のソフトウエアを用意してくれる点もメリットです。院内に高価なサーバーを設置する必要がないため、コストカットをすることもできるでしょう。保守管理のための費用や手間も必要ありません。 院内サーバーの方にもメリットがあります。クラウド型の場合は完全にそのサーバーを管理している企業に依存してしまうことになります。そのためその企業がきちんとサーバーの管理をしているのか不安になるケースもあるでしょう。院内にサーバーを設置して管理するのであれば、しっかりとセキュリティー対策を整えて管理できます。もちろん、万が一サーバーがダウンしたり、システムダウンしてしまったときの対処を考えておくことは大切です。 クラウド型であっても、サーバーセンターそのものがダウンしてしまうことはあります。また、クラウド型だから絶対にデータが消えなくて安全であるとは言い切れないのです。それならば、自分達で管理した方が安全だという考え方もあるでしょう。 どちらにもメリットもあればデメリットもあるため、よく比較してから検討しましょう。

紙と電子カルテの比較

紙と電子カルテにはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれを比較してみましょう。 紙のカルテのメリットとしては、まず誰でも扱えるという点があります。まだまだパソコンの苦手な方は多いです。キーボードで入力をすることに抵抗や不安を感じていたり、実際にミスをしてしまうというケースもあります。その点、紙の場合は誰でも記入できるというメリットがあります。また、システムの不具合に影響を受けることはありません。停電中でも利用できます。管理や運用をするのにコストがかからないというメリットもあります。 ただし、紙のカルテにはデメリットも存在します。まず、カルテを閲覧できるのは基本的に一人だけです。他の人は待っていなければいけません。また、保管をするためにかなりのスペースが必要となります。過去の記録を参照するためにはわざわざ探さなければいけないため、それには負担がかかるでしょう。情報漏えいしてしまったり、紛失してしまうリスクも高くあります。 電子カルテはいつでもネットワークに接続することができればカルテを参照できるというメリットがあります。情報共有を容易にすることができるのです。検索機能を使うこともできます。これによって過去の記録もすぐにチェックできるでしょう。複数の人が同時にカルテを見ることもできます。保管スペースの心配もありません。サーバーを設置してそこに膨大な量のデータを記録しておくことができるからです。 このようにそれぞれにメリットとデメリットが存在しています。電子カルテを導入する際にはよく比較しておきましょう。

メーカーを比較する際のポイント

電子カルテを導入したいならば、それぞれのメーカーのシステムをよく比較しておく必要があります。その際のポイントについて説明します。 まずそのシステムを導入するために、どのくらいの費用がかかるのかをチェックしなければいけません。コスト面はとても重要なポイントとなります。病院経営にも影響を与えるでしょう。そのシステムの保守管理のためにどのくらいの費用がかかるのかも調べておくべきです。 それぞれのメーカーからは独自の機能を持ったシステムが提案されています。それらの機能を比較することも大切です。たとえば入力方法を複数用意している場合があります。キーボード入力だけではなくて、音声入力ができたり、実際に紙カルテと同様に文字を記入するスタイルのものもあります。セキュリティー機能についてもチェックしておきましょう。カルテは患者の個人情報となるものであり、それが流出してしまっては大変なことになってしまいます。それに備えるための機能が用意されているかどうかは重要です。 サポート体制についてもチェックしておく必要があります。アフターフォローが充実しているメーカーであれば、安心して導入することができます。たとえば問い合わせをしたときにすぐに対応してくれるのか、システムの不具合の際に具体的にどのような対応をしてくれるのかは重要です。 操作性や使いやすさという点も重要です。実際にそれを利用するスタッフにとって使いやすいシステムを導入するべきです。そうすれば、業務をスムーズに進められるようになります。このようなさまざまな点を比較してどのメーカーのものにするのか検討しましょう。

ピックアップ記事

電子カルテのメーカーを選ぶ際のポイントについて

電子カルテシステムを提供するメーカー電子カルテは現在どんどん医療機関で導入が進んでいます。これを導入することによって得られるメリットが大きいことが理由です。かつては紙のカルテが主流でしたが、電子カルテ...

電子カルテのシステムとはどのようなものなのか

電子カルテのシステムの仕組み電子カルテはどんどん導入が進められています。それでは一体どのようなシステムとなっているのでしょうか。現在、病院にはどんどんコンピューターシステムが導入されています。医事会計...

電子カルテの日本での普及率はどの程度なのか

電子カルテの普及率電子カルテの普及率はどのくらいあるのでしょうか。すでにかなり普及しているイメージを持っている人がいるかもしれませんが、日本国内における普及率は3割程度となっています。そのため、まだま...

電子カルテシステムの導入の際に比較するポイント

クラウド型と院内サーバー型電子カルテにはクラウド型と院内サーバー型という2つのタイプがあります。これらを比較してみましょう。まずクラウド型のメリットというのは災害に強い点です。サーバーが外部にあるため...

電子カルテの現在のシェアについてのポイントを解説

電子カルテのシェアについて病院では急速にIT化が進められています。さまざまな業務にコンピューターシステムが関わるようになっており、その一つとして電子カルテがあります。紙のカルテが当たり前だった時代はも...

電子カルテの普及率と今後の動向について

電子カルテの普及率が上がることで患者側には大きなメリットがあります。例えば、紙ベースの場合には消失が考えられますが、ここではそのリスクは非常に少なく、継続したスムーズな治療を受けることが可能になります...

コスト削減効果を持つ電子カルテのメリットについて

病院は多くの患者さんが訪れるため、患者さん一人一人のカルテを作成しています。カルテには病院に訪れた時の日付や病歴などが記載してあり、外来受付を行うと必ず担当医師にカルテが回るような仕組みになっています...