• 電子カルテは閲覧制限が可能なのでセキュリティーも安心です
    電子カルテはカルテの保管場所が要らない、患者さんが受付を済ませた後にカルテを探す必要がない、診察を終えて担当医が記載したカルテを元の場所に戻す必要もありません。場所や手間を削減出来る、コストの削減にも...
  • 運用マニュアルが必要!電子カルテは正しく利用するには
    カルテの中には病気の種類や治療履歴、症状の変化、処方を行った医薬品名や量、服用日数などの情報が明記してあります。これらの情報は個人情報の一つでもあり、本人を特定する事が出来るため、カルテの取り扱いには...

ピックアップ記事

電子カルテの普及率と今後の動向について

電子カルテの普及率が上がることで患者側には大きなメリットがあります。例えば、紙ベースの場合には消失が考えられますが、ここではそのリスクは非常に少なく、継続したスムーズな治療を受けることが可能になります...

コスト削減効果を持つ電子カルテのメリットについて

病院は多くの患者さんが訪れるため、患者さん一人一人のカルテを作成しています。カルテには病院に訪れた時の日付や病歴などが記載してあり、外来受付を行うと必ず担当医師にカルテが回るような仕組みになっています...