• このエントリーをはてなブックマークに追加

電子カルテのシステムとはどのようなものなのか

電子カルテのシステムの仕組み

電子カルテはどんどん導入が進められています。それでは一体どのようなシステムとなっているのでしょうか。現在、病院にはどんどんコンピューターシステムが導入されています。医事会計システムによって医療費の計算をしたり、オーダリングシステムというものもあります。オーダリングとは伝票のことです。これらに加えて、新しいものとして電子カルテも導入されるようになっています。 電子カルテというのは患者に関するさまざまな情報を電子データとして記録して、それを保存して運用するシステムの総称のことです。そして、この電子カルテは医療会計やオーダリングのシステムと連動されているケースが多いです。 基本的にはカルテを記録するためのサーバマシンというものがあり、さらに診療に利用されているクライアントマシンというものがあります。これらのマシンがネットワークによって接続されているため、データの共有ができるのです。サーバマシンとネットワークが接続しているのであれば、どのコンピューターからでもカルテのデータを参照することができます。それぞれのコンピューターからデータを登録していけば、サーバマシン上のデータはリアルタイムで更新されていくのです。サーバーマシンと医療会計やオーダリングなどのデータが連動されていることもあります。 このような仕組みによって電子カルテは成立しているのです。これを利用することによって、さまざまなメリットがあるとされています。紙のカルテを保管しておく必要がなくなり、紙のカルテを参照するためにかかっていた手間も解消されるのです。データがリアルタイムで更新されていき、そのデータを瞬時に検索して閲覧することができます。これによって業務がスムーズに進められるようになります。

どのようなメリットがあるのか

電子カルテのシステムを導入するメリットはたくさんあります。まず事務作業を効率化することができます。薬の処方をしたり、レセプト業務をする際に紙伝票に記入する業務をなくすことができるので、事務的な作業の負担を減らせるでしょう。また、手書きの字を読み間違えるというミスを減らすことができます。 また、省力化することができるので、カルテの管理についてもメリットが大きいです。カルテというのはそれぞれの患者さんに診療の記録をし続けなければいけません。紙の場合はそれを保管場所から探す必要がありました。それを診察室に運んで記入したあとは再び回収して保管しなければいけませんでした。このような面倒な作業が必要だったものが、電子データとして管理できるのであればとても楽になります。さらに、保管するためのスペースも必要なくなります。管理が楽になることによって、患者さんにとっては待ち時間が減るというメリットがあります。また迅速に会計や処方が進められるようになるのです。 情報の共有ができるようになるというメリットもあります。特に大きな病院で複数の科が存在しているような場合にはメリットは大きいです。導入することで迅速に情報共有することができるだけでなく、画面上に必要なデータを呼び出してそれをチェックするだけで情報共有ができてしまいます。たとえば画面を見ながら電話をして診療方針について話し合うということもできるのです。他にもいろいろなデータの活用ができ、経営分析に利用することも可能です。 このようにさまざまなメリットがあるため、現場ではどんどん導入が進められています。

システム導入の注意点について

電子カルテシステムは確かに便利なものですが、デメリットもあるということを理解する必要があります。たとえばパソコンやサーバーが故障してしまうというケースがあります。あるいは停電してしまうこともあるでしょう。そうなると電子カルテを閲覧したり、記録することができなくなってしまいます。このようなケースへの対策をきちんと考えて置かなければいけません。端末が故障した際にはどのようにして復旧をするのか、紙ベースでの対応訓練など必要な作業をまとめておかないと狼狽してしまう可能性があります。 また、データが消失してしまう可能性もあります。特に災害時にはサーバーが破損してしまって、診療記録が消失してしまうこともあるのです。そうなると病院側だけではなくて、患者にとっても悪い影響を受けることになってしまいます。治療に大きな影響を与えることになるからです。 これらのデメリットについてはメーカーの方でいろいろな対策をとってくれるところがあります。それぞれのメーカーが不測の事態に備えるための準備があります。そのため、メーカーを選ぶ際にはどんな対策をとっているのか調べておくと良いでしょう。たとえばクラウド型のサービスが存在しています。外部のデータセンターにデータを保管しており、仮に端末がすべて故障してしまったとしても、データセンターからデータを取得することによって復旧ができるのです。データセンターの方についてはメーカーの方でしっかりと管理をして、セキュリティー対策も施してくれるのです。そのため、安心して利用することができます。このような対策をしているメーカーは多いため、導入時にはチェックしておくと安心です。

ピックアップ記事

電子カルテのメーカーを選ぶ際のポイントについて

電子カルテシステムを提供するメーカー電子カルテは現在どんどん医療機関で導入が進んでいます。これを導入することによって得られるメリットが大きいことが理由です。かつては紙のカルテが主流でしたが、電子カルテ...

電子カルテのシステムとはどのようなものなのか

電子カルテのシステムの仕組み電子カルテはどんどん導入が進められています。それでは一体どのようなシステムとなっているのでしょうか。現在、病院にはどんどんコンピューターシステムが導入されています。医事会計...

電子カルテの日本での普及率はどの程度なのか

電子カルテの普及率電子カルテの普及率はどのくらいあるのでしょうか。すでにかなり普及しているイメージを持っている人がいるかもしれませんが、日本国内における普及率は3割程度となっています。そのため、まだま...

電子カルテシステムの導入の際に比較するポイント

クラウド型と院内サーバー型電子カルテにはクラウド型と院内サーバー型という2つのタイプがあります。これらを比較してみましょう。まずクラウド型のメリットというのは災害に強い点です。サーバーが外部にあるため...

電子カルテの現在のシェアについてのポイントを解説

電子カルテのシェアについて病院では急速にIT化が進められています。さまざまな業務にコンピューターシステムが関わるようになっており、その一つとして電子カルテがあります。紙のカルテが当たり前だった時代はも...

電子カルテの普及率と今後の動向について

電子カルテの普及率が上がることで患者側には大きなメリットがあります。例えば、紙ベースの場合には消失が考えられますが、ここではそのリスクは非常に少なく、継続したスムーズな治療を受けることが可能になります...

コスト削減効果を持つ電子カルテのメリットについて

病院は多くの患者さんが訪れるため、患者さん一人一人のカルテを作成しています。カルテには病院に訪れた時の日付や病歴などが記載してあり、外来受付を行うと必ず担当医師にカルテが回るような仕組みになっています...