• このエントリーをはてなブックマークに追加

コスト削減効果を持つ電子カルテのメリットについて

病院は多くの患者さんが訪れるため、患者さん一人一人のカルテを作成しています。 カルテには病院に訪れた時の日付や病歴などが記載してあり、外来受付を行うと必ず担当医師にカルテが回るような仕組みになっています。 カルテの中には、処方薬の品名や処方した日付、数量なども明記してあるので、医薬品の効果などを確認する時などにも利用が行われます。 最近は紙のカルテではなく電子カルテを利用する病院も増えています。 電子媒体にする事で、コスト削減効果にも繋がると言われており、導入する病院も多くなっています。 カルテを保存するためのスペース、カルテを探すための時間などが主な削減に繋がっています。 紙媒体と異なり、患者さんが診察室に来た時点でカルテを用意出来るメリットもあります。

病院には毎日のように多くの患者さんが来院します

内科の診療科は病院の中でも患者さんの数が多く訪れる診療科です。 内科で診察を行い、手術が必要な場合には外科への案内が行われる事もあります。 初めて行く病院の場合には、受付でアンケート用紙を受け取り、病院に来た理由を記載する事になります。 ここに記載した情報は、担当医に渡されて診察の時に利用が行われる事になります。 何度か同じ病院に行っている場合には、過去の病歴などが記載してあるカルテを看護師や受付を行っている人などがカルテを保管してある棚から取り出して診察を行う担当医に渡される事になります。 カルテの量は、大きな病院などの場合膨大な量になるので、患者さんが受付を済ませた後は、患者さん一人一人に付けてある管理番号などを基にしてカルテを探す事になります。 こうした時間時間の短縮がコスト削減にも繋がる事からも電子カルテを導入する病院が増えているわけです。

カルテを探す時間の短縮や保管スペースが不要になるメリット

電子カルテを導入した場合のコスト削減効果は、カルテを探す時間が要らなくなる、データとして保存が行われているので、カルテを保管するスペースが不要になるなどのメリットに繋がります。 電子データになっているので、診察室に患者さんが訪れた時には、担当医は患者さんのカルテを画面上に表示する事が出来ます。 同じ病院で診察や治療を受けている患者さんは、病院に来た時点で診察券を提出しているので、診察券に記載してある患者さんの管理番号を入力すれば、カルテを画面上に表示が出来ます。 また、初めての患者さんの場合は、カルテを新規に作成する必要がありますが、受付で患者さんの情報を入力する事が出来るので、短時間で作業が出来るメリットもあります。 このように、電磁媒体にする事は時間や保管に掛かるコストを削減する事が出来るわけです。

ピックアップ記事

電子カルテの普及率と今後の動向について

電子カルテの普及率が上がることで患者側には大きなメリットがあります。例えば、紙ベースの場合には消失が考えられますが、ここではそのリスクは非常に少なく、継続したスムーズな治療を受けることが可能になります...

コスト削減効果を持つ電子カルテのメリットについて

病院は多くの患者さんが訪れるため、患者さん一人一人のカルテを作成しています。カルテには病院に訪れた時の日付や病歴などが記載してあり、外来受付を行うと必ず担当医師にカルテが回るような仕組みになっています...