• このエントリーをはてなブックマークに追加

電子カルテはクラウドで運用すると共有も可能

病院は患者さん一人一人のカルテを作成して治療に役立てています。
カルテは紙ベースの書類で、患者さんが病院に訪れた際に、該当患者のカルテを棚から探し、患者さんが診察を受ける時にはカルテが担当医の手に渡るようになります。
病院の規模にもよりますが、患者さんは毎日訪れますし、新しい患者さんが訪れるとその都度新しいカルテを作成する事になるので、カルテの量は膨大なものになります。
大病院などの場合は、棚の中にカルテが大量にあり、その中から診察に来た患者さんのカルテを探す、診察が終わった後は元の場所に戻すなどの作業が必要になるわけです。
こうした作業を削減する事が出来るのが電子カルテで、最近はクラウドを利用したシステムも登場しており、他の病院での共有も図る事が出来るメリットを持ちます。

保管場所も不要、カルテを探す、カルテを戻す手間も要りません

電子カルテのメリットは、カルテ自体が電子データになるため、紙のカルテを保管するスペースが要らない事があります。
他にも、カルテを探す時には患者さん一人一人に割り振りが行われている管理番号などを利用して検索を行えば、すぐに画面にカルテを表示する事が出来るなどがあります。
さらに、カルテは元の場所に戻す必要がありますが、電子データの場合は保存を行っておけば所定のフォルダーなどに保存が行われます。
これは担当医師が検索を行ってカルテを画面上に表示させる、情報を入力した後は保存を行えば良いなど、担当医以外の看護師などがカルテを取り出す、しまうなどの作業が要らなくなるメリットを持ちます。
尚、クラウドを利用する事で、場所を選ばずカルテを閲覧出来る、共有化を図れるなどのメリットもあります。

病院の外にいる時でもカルテを閲覧出来ます

電子データのカルテのメリットはクラウドを利用する事で、さらに便利に活用する事が出来るようになります。
パソコンの中に専用のソフトウェアがインストールしてない場合でも、専用サーバーにアクセスするだけで、データの閲覧や修正、保存などを行う事が可能になります。
スマートフォンなど携帯端末に対応している場合は、移動中の車の中でもカルテの閲覧が出来るなどのメリットもあります。
病院での治療の中には、他の病院での情報共有が行われるケースも少なくありません。
病院の紹介などを行った際に、カルテの情報を他の病院の担当医師が閲覧する事も出来るようになります。
医療技術の情報を他の病院でも利用する事が出来るメリット、他の病院で治療を受ける時なども、スムーズな対応が取れるなどのメリットもあります。

モバイルでも利用OKです。モバイル専用画面で操作も簡単となっております。 端末に情報を残さず、万一の災害時やPC盗難などの被害に遭ってもデータが消失することはありません。 システムとの連携、カスタマイズもご対応可能です。 連携施設間の情報共有で地域の病診連携が可能となっております。 連携施設間の診療情報を共有することで地域の病診連携も可能です。 端末を何台つないでもライセンス追加料金は不要です。 電子カルテを検討中ならセコム医療システム

ピックアップ記事

電子カルテの普及率と今後の動向について

電子カルテの普及率が上がることで患者側には大きなメリットがあります。例えば、紙ベースの場合には消失が考えられますが、ここではそのリスクは非常に少なく、継続したスムーズな治療を受けることが可能になります...

コスト削減効果を持つ電子カルテのメリットについて

病院は多くの患者さんが訪れるため、患者さん一人一人のカルテを作成しています。カルテには病院に訪れた時の日付や病歴などが記載してあり、外来受付を行うと必ず担当医師にカルテが回るような仕組みになっています...